サイン事業部 | 中西 泰正
サイン事業部 | 中西 泰正

難しい仕事を
任されるのも、
期待の表れだと
思っています。

中西 泰正
サイン事業部 2017年新卒入社

面接や懇談会の
雰囲気の良さで決めました。

嫌いな人と一緒に仕事ができない性格なんです(笑)。ですが、丸泰は面接でも内定後の懇親会でも雰囲気が良く、社員の仲が良いと感じたので、入社を決めました。働き始めた後も、その印象は全く変わりません。時には冗談を言い合いながら楽しく仕事をしています。
営業をするためには、材料やデザイン、取り付け方を知らないとお客様と話ができないので、今はまず看板のデザインや取り付けの現場管理をしながら、仕事を覚えている段階です。仕事の中心は取り付け図や構造図の作成。部門長がしっかり教育プランを立ててくれているので、そのプランに沿って、一つずつ勉強しています。今では、カッティングシートを切る作業や簡単な取り付けは、自分でできるようになりました。最初は難しいと思うこともありましたが、自分にできないことを「やってみろ」とは言われないと思っているので、頑張って挑戦しています。難しい仕事も期待されているからだと考えれば、意外とできるものですよ。

ホームページに自分の意見が
採用されました。

サイン事業部のホームページを先輩と一緒に作って、2018年2月に立ち上げ、新しいお客様の開拓に活用しています。ホームページに載せた看板のイラストも、入社後に専用ソフトの操作方法を覚えて作りました。電話でお話をする時にお客様がイメージしやすく、お互いに分かりやすく打ち合わせができることを一番大切にしたつもりです。また、問い合わせフォームも最初は文字を入力するだけでしたが、取り付ける壁の素材や状態が分からないので、画像を添付できるように上司に提案をして、実際に導入しました。入社2年目の私の意見でもしっかり採用してくれるので、提案のしがいがありますね。完成後はホームページを通して多くの見積もり依頼が来ていますし、すでに取り付け工事を終えた案件もあります。サイン事業部の仕事が増え、利益が上がるように、これからもいろいろなことを考え、挑戦していきます。
実は採用してくれた時の人事担当が現在の社長なので、上司だけでなく社長もよく声をかけてくれます。先日も一緒に食事に行って、プライベートな話も含め4時間くらいお話をしました。社長がそうした風通しの良い社風を作ってくれていることも、仕事がやりやすい大きな理由の一つだと思います。

ページの上部へ